​最後まで全力プレー 西濃学童野球リーグ戦開幕

 西濃学童野球リーグ戦志門塾杯(中日新聞社など後援)の6年生大会、5年生大会の開会式が17日、それぞれ池田町の池田公園野球場で開かれた。新学年で6年生31チーム、5年生10チームが出場し、秋に向けて熱戦を繰り広げる。
 シーズンを通じた学童野球の練習成果を発揮する場で、6年生は7回目、5年生は6回目。それぞれ3、4チームごろのリーグ戦と、夏以降には上位チームによる決勝トーナメントを展開する。
 6年生の開会式では前回優勝の温知クラブ(池田町)が優勝旗を返還。揖斐郡スポーツ少年団野球部会の大西照彦会長、揖斐郡軟式野球連盟の杉山光政理事長、志門塾(本部・大垣市)の川瀬憲司社長らがあいさつした。大和野球クラブ(揖斐川町)の今村吏玖選手(11)が「仲間と練習に打ち込んだ努力を白球に込め、最後の一球まで全力でプレーする」と力強く宣誓した。
 5年生の開会式では興文クラブ(大垣市)の今津翔太選手(10)が選手宣誓した。(小池 豊徳)

 西濃学童野球リーグ戦志門塾杯(中日新聞社など後援)の6年生大会、5年生大会の開会式が17日、それぞれ池田町の池田公園野球場で開かれた。新学年で6年生31チーム、5年生10チームが出場し、秋に向けて熱戦を繰り広げる。
 シーズンを通じた学童野球の練習成果を発揮する場で、6年生は7回目、5年生は6回目。それぞれ3、4チームごとのリーグ戦と、夏以降には上位チームによる決勝トーナメントを展開する。
 6年生の開会式では前回優勝の温知クラブ(池田町)が優勝旗を返還。揖斐郡スポーツ少年団野球部会の大西照彦会長、揖斐郡軟式野球連盟の杉山光政理事長、志門塾(本部・大垣市)の川瀬憲司社長らがあいさつした。大和野球クラブ(揖斐川町)の今村吏玖選手(11)が「仲間と練習に打ち込んだ努力を白球に込め、最後の一球まで全力でプレーする」と力強く宣誓した。
 5年生の開会式では興文クラブ(大垣市)の今津翔太選手(10)が選手宣誓した。(小池 豊徳)

 

© 2019 by Name of Site. Proudly created with chunichi-seino.com

当ウェブサイトでは、特別に掲載許可を頂いている写真・画像・ロゴが存在致します。

それらについて著作権はご提供者様に帰属します。

それらのコンテンツを著作権法上で認められている「私的使用」や「引用」の範囲を超えて無断で転載、複製、印刷、販売、配布、放送・公衆送信、翻訳、貸与などを行うことはできません。

SpecialThanks